ジャズアドリブができない方へ:習得へのオススメステップ!

ジャズアドリブができない!おすすめ習得方アンサンブル
All of Me、ジャズアドリブ

【今日の記事のキーワード】
・ジャズアドリブができないんですけど・・・
アドリブの練習ってどこから始めれば良いの

どれがジャズ名曲かもわからないんですけど・・・

=======

著者瀬戸郁寛丸写真
    学長瀬戸で〜す

こんにちは!

ラッドミュージックスクール学長の瀬戸郁寛です。

ジャズピアノ写真
クラシックピアノを習得している方は多いが、ジャズピアノはほぼ皆無と言っても過言ではない。

今日はジャズアドリブができない!と嘆く方々へのオススメのアドリブ習得へのステップを簡単に解説しましょう~。

僕自身、もちろんジャズアドリブが一切できない「無」の状態からジャズを練習しはじめ、長い年月を経て自由にジャズを演奏できるようになりました!そして音楽スクールを開校し、僕個人だけでも1000人以上にジャズをお教えしてきました。

その経験から習得までの過程を説明しま~す。

まずはじめに、この記事を読んでらっしゃる方を下記のいずれかと仮定します。

1、クラシック音楽はできるがジャズアドリブができない

2、吹奏楽をやっている、またはやっていたがジャズアドリブができない

3、完全音楽初心者で、これからジャズを始めたい

大きくわけて上記の3つに当てはまると推測します。ハイ。間違いなく当てはまりましたね?



==========

さて次に。このブログでは初心者に向けて簡単なスケールやコードのお話、そして演奏のちょっとした具体例等を挙げてきましたが、今日の記事はその補足でありつつも最も重要であるステップを紹介しましょう。

まずはじめに

■ステップ1
ジャズ名曲をYoutubeで聴きまくる(1曲だけ)


です。ジャズアドリブ習得を志したならば避けては通れない最重要なステップ。

Youtubeで「ジャズ 名曲」や「Jazz Standards」と検索すると沢山出てきます。まずは広く曲を聴いてみて、その中から自分の好きな曲を探す。自分が好きな曲が見つかったら来る日も来る日も1曲に集中して完全に覚えるまで聴き込む。

そして次の曲を探す。

このプロセスを繰り返し、5-6曲ほど好きな曲を覚え込みましょう。どの曲でも問題はないです。有名な曲順でなくてもよい。自分が好きならば良いです!これはジャズに自分の耳を慣らすための超重要なプロセスです。

========

■ステップ2
自分の楽器で早速アドリブ練習を開始する。


ステップ1でご自分の好きな曲を聴きまくりながら、いよいよジャズアドリブの練習を開始するのですが、自己流で学びたい方に至ってはどこから手をつけて、どの曲をどのように練習したらよいかが全くわからない状態でしょう。そこでおすすめのやり方を下記に記します。

曲はコチラの記事で説明したとおりに、CマイナーかFマイナーの曲を選ぶ。(2曲のうちのどちらかを必ず選んでください。迷いが生じる前に!)

Youtubeでその曲のオリジナルバージョンを聴き込む

実際にアドリブ練習をしてみる。


ハイ。ここまでのプロセスは誰でもできますね。誰でも100%できます

=======

ジャズサックス写真
吹奏楽ができる方は多いが、ジャズサックス奏者は極めて少ない。

次のステップ。

ご自分のやっているアドリブが果たして「理論的に正しいのか、音楽的に正しく響いているのか?」を客観的に捉える必要がありますね。そこで・・・

ステップ3
プロのジャズ演奏者のレッスンを受講してみる



このステップも外せません。が、しかしいきなり音楽教室やスクールに出向いてレッスンを受講するのには相当の覚悟やらなんやらが必要となる。経費もかかる。それに抵抗がある方や「自分でできるモン!」という方は自分でとことん行き詰まるところまでやってみましょう!誰に習わなくてもジャズアドリブは達成可能ではあります。(特に動物的な感が鋭い方や分析力が鋭い方は可能です)

ステップ4
初心者の段階(できれば練習初日)から家族や友人の前でチョイと披露する



このステップ4も絶対外せない過程です。え?いきなり聴かせるの?恥ずかしいし、ただの雑音になりかねないし、耳が崩壊した!と警察呼ばれるレベル!・・・笑  と思っている方々が99%でしょう。

大丈夫です。

・少し上達してから人に聞かせよう
・上達してから
ジャズジャムセッションに行こう
・初心者だから恥ずかしい
・クラシックや吹奏楽はできるけどジャズできないのがバレるのがヤダ
・友達減りそう


上記の精神状態のいずれかには誰しもが当てはまるでしょう。

ハイ。その考えを完全に捨てましょう。捨てない限りジャズは習得できません。100%習得不可能です。誓っておきます!キビしい意見かとお思いでしょうが、無理です!このステップが最重要なステップと言っても過言ではないです!

ここは勇気を振り絞って人にガンガン聞かせましょう!大丈夫ですヨ。誰もあなたを●したりしませんから!笑

冗談は抜きとして、これにはきちんとした理由があります。ジャズは人と演奏する音楽。ピアノでもサックスでもギターでもベースでも、どんな楽器でも独りで演奏することは皆無ですね。なので人前で演奏するという行為そのものに慣れていく必要があります。鋼のハートが必要になります。w

=======

ステップ5
ジャズができない先生に騙されないこと


もしプロの講師や先生にジャズを学ぶと決めた方がいらっしゃいましたら、先生を見極める必要があります。


ウェブサイトで教室を検索すると

「ジャズお教えします」や「ポップスお教えします」

と書いてある教室がほぼ100%でしょう。

が、しかし

9割方の教室がいわゆる「ジャズ教えます詐欺」です。


つまりジャズアドリブっていうのは譜面が存在しない完全アドリブの音楽的分野。ジャズアドリブを教えられる人はほんの一握り。超スーパー特殊技能者だと思っておきましょう。


僕の音楽業界に身を置いている長〜〜〜〜い経験からいくと、全ジャンルの音楽家(いわゆるプロ)の100〜200人に1人程度しかジャズアドリブを完全に習得していません。数字に多少のズレがあったとしてもこれは事実です。つまり先生が100人いても1人程度しかジャズアドリブを教えられないことになりますネ。

たとえばクラシックピアノを教えている先生でもジャズのアドリブが既に楽譜(譜面)になっているものを教材にして教えているフリを演出するのは可能なのです。が、そのような方に習っていても10000000年経ってもジャズアドリブは絶対に習得できません。


ジャズアドリブっていうのはできるできないかのいずれかです。白か黒かなのです。「ちょっとジャズ弾けます」ってのはあり得ません!危険すぎます。

ではどのようにその超スーパー特殊技能者を探すことができるのか?

という問題ですが、今のネットの情報を駆使して探すのが主流となってしまいますが、これも危険ですね・・・

まぁ最終手段(笑)僕にメールで聞いてください。w 情報をきちんと調べて見極めてお教えしますヨ(笑)

こればっかりは難しい問題なのです・・・

※ちなみに超スーパー特殊技能者はレッスンでテキスト本を全く使わない傾向にあります。その場で手書きでアドリブをお教えしていくことがほとんどです。それが一番効率的、なおかつ理にかなっている方法なのです。

========

まとめ

■ステップ1
ジャズ名曲をYoutubeで聴きまくる(1曲だけ)
■ステップ2
自分の楽器で早速アドリブ練習を開始する。
■ステップ3
プロのジャズ演奏者のレッスンを受講してみる
■ステップ4
初心者の段階(できれば練習初日)から家族や友人の前でチョイと披露する
■ステップ5
ジャズができない先生に騙されないこと

======

ジャズの道は奥がとっても深くて、最も楽しい芸術分野の一つ!

それではまた次回!

=========

■著者について

著者瀬戸郁寛の写真
瀬戸郁寛(せとふみひろ)

株式会社Radwave代表取締役、ラッドミュージックスクール学長。ジャズを本気で教えて16年。
幼少期より海外で育つ。バークリー音大卒。ジャズに魅了され30年弱。映画音楽作曲やレコーディングなどを含め、多岐の音楽活動に携わる。ジャズが演奏できるようになる一歩一歩の自己成長プロセスに感動し、それを伝えるべくラッドミュージックスクールを立ち上げる。耳が良すぎてジャズ理論はほぼ全て耳から習得。特技は他人が演奏したフレーズを1音残らず瞬時に分析する力。最近はジャズ以外のレコーディングやライブに多く携わっている。現在は日本とマレーシアを行き来しながら音
楽活動を行う。海外にて各種音楽賞を受賞しまくる。ちなみに生業の一つとして芸能界の英語通訳もしている。好きなものはビールとドリアンと未知へ切り込む冒険心。

コメント

タイトルとURLをコピーしました