ホームスクールの特徴レッスンコース一覧入会・体験アクセスお問合せ ラッドの今をCheck!
ラッドミュージックスクールのブログfacebooktwitter動画ページへ
ドラム教室トップ画像

横浜大口駅徒歩30秒!ドラム無料体験レッスンはこちらから→

サックス教室
ギター教室
ドラム教室
ベース教室
キーボード ピアノ教室
ボーカル教室


ラッド横浜大口校・ドラム/パーカッション科講師紹介ページ


横浜ドラム教室 嘉本写真横浜ドラム教室 富永写真横浜パーカッション教室 山北健一写真

【個人レッスン対象年齢ードラム/パーカッション】
■子供(4歳位〜)・小学生以上 子供用のミニドラム有り
■中学生・高校生
■大人
■シニア

※小3以下の子供/60才以上のシニアに割引あり(個人レッスン)
ドラムコースの内容詳細/レッスン料金表はこちら

レッスン紹介動画バナー
 

嘉本信一郎(横浜大口校):ドラム

東京都出身。高校の吹奏楽団にてパーカッションをきっかけにドラムを始める。
卒業後故日野元彦氏に師事。
早稲田大学モダンジャズ研究会に入りレギュラーバンドのメンバーを務める。

その後北欧のジャズに興味を持ち、1996年にスウェーデン、デ ンマークへ渡り、ドラム奏者Anders Kjellberg氏に師事。プロ活動を開始。2010年に森泰人氏主宰の39thスカンジナビア・コネクショ ンに参加、スウェーデンのトップミュージシャンと日本ツアーを行う。
作曲も独学乍ら意欲的に手掛ける。デンマーク人ピアニストThomas Walbumとのトリオで2010年に発売されたアルバムには自 身の曲が3曲含まれており、その内の1曲でありアルバムタイトル 曲である「Tales From The Blue」はアルバムの最後を飾る曲として収録されている。

また、ISC等国内外の作曲コンペで賞を受賞している。

2011年にはThomasトリオでデンマークツアー&単身スウェーデンで森氏、現地ミュージシャン達と共演。
2013年フィンランド人サックス奏者Pekka Pylkka¨nen,アメリカ人ピアニストRoy Assaf等と横浜ジャズプロムナードで共演。
2014年フィンランド人ピアニストMarkus Niittynen Trioで日本ツアーを行い、2015年にT5Jazz recordより「Markus Niittynen Trio」をリリースし、レコ発ツアーを行い好評を得る。
2016年Markus Niittynen Trio 3度目の日本ツアーを行い、NHKセッション2016にも出演。
2017年アメリカ人ピアニストPeter Madsenとの中山英二Trio「How I Miss You」What's New Recordsよりリリース。

講師歴4年。これまでに小学生男子・女子から70代女性までのレッスン経験あり。

ドラム・パーカッションコースの内容詳細ページはこちら

嘉本信一郎ホームページはこちら

■講師からのメッセージ

ドラムを叩くのは楽しいです。子供でも大人でも楽しいです。僕もずっと楽しんでドラムをやっています。
楽譜が読めなくても音楽の知識が無くても大丈夫!僕も最初は譜面も読めず知識もありませんでした。いつでも何でも気軽に質問して下さい。親切丁寧にわかりやすくお答えします。僕と一緒にドラムを楽しみましょう!そしてドラムで音楽を楽しみましょう!そして音楽で人生を楽しみましょう!ツインペダルもやってるよ!
 
   
 
横浜ドラム教室講師 富永 タイトルレッスン紹介動画バナー
 

横浜ドラム教室 講師 富永 写真富永岳海(横浜大口校): 1992年2月17日生まれ、 長野県出身

16才の頃から吹奏楽部でパーカッションを始める。その後上京し、神奈川大学に進学する。神奈川大学の吹奏楽部ではコンクールや海外遠征などメンバーに選ばれ各地で演奏活動を行う。
大学卒業後本格的にプロドラマーを目指し、ジーン重村、村石雅行に師事。

様々なセッションで活動を開始する。 現在関東を中心に様々なセッション、スタジオワーク等多方面で活躍中。



ドラム・パーカッションコースの内容詳細ページはこちら

■講師からのメッセージ

ドラム(打楽器)ってめちゃくちゃ楽しいです!練習も本番も常に楽しんでやってます。
初心者大歓迎!! ロックやジャズのような様々なジャンルのドラム。クラシック、吹奏楽のコンサートスネア(打楽器)。スティックを投げたり回したりしながら叩くドラムコー。また譜面の読み方書き方、スティックの握り方から箸の持ち方まで全部一人一人に丁寧に教えます!横浜の皆さんよろしくお願いします。
 
横浜ドラム講師 富永 写真1   横浜ドラム先生 富永 写真2   横浜ドラムレッスン 富永先生 写真3
 
レッスン紹介動画バナー
 

パーカッション横浜 山北健一 写真山北健一(横浜大口校): 1968年生まれ パーカッション/ドラム

85年、アフリカ音楽に出逢い自分にはパーカッションが似合ってることを発見する。
打楽器を学ぶため音楽大学への進学を希望するが断念。
86年、川瀬ドラムスクールに入門。
88年、単身ニューヨークに渡りDrummers Collective in New York City,Harbor Conservatory for the Performing Arts - NYC-ARTSでラテン音楽のルーツやリズムについて学ぶ。
90年頃より精力的に自身のグループやセッションに参加しパーカッショニストとしてのキャリアをスタートさせる。

日野皓正、NORA、山下洋輔、坂田明、OBATALA、菊池成孔、RM Jazz legacy、朝崎郁恵、矢沢永吉、角松敏生、 山根康弘、cocco、ボアダムス、サイコババ 、他多数。

97年 「なみはや国体」音楽アクトにおいてリズムプロデュース。

98年より作品作りとソロライブの活動に貼りこれまでに5枚のアルバムをリリース。
2016年 リズムを科学する『山北塾』を主催 。
2016年 自作ギロマシーン(Rythmoくん)の動画がFacebook動画で中南米を中心に2日間で2万再生を記録。
2016年 キューバの伝統音楽グループ、ロス・ムニェキートス・デ・マタンサスのワークショップをプロデュース。
2017年 尚美学園音楽大学にてラテンパーカッション特別講義の講師を務める。

現在、打楽器グループ、ブルー・モーメント・オーケストラをプロデュースし精力的に活動している。

Facebook https://www.facebook.com/kenichi.yamakita.7
HP http://www.matamrecords.com/index.php
公式ブログ http://matamrecords.jugem.jp


ドラム・パーカッションコースの内容詳細ページはこちら


■講師からのメッセージ

こんにちは!講師の山北です!打楽器って本当に楽しいです!どんな音楽にも合わせられて演奏できてしまうんです。叩きかたのコツがわかればあなたの大好きな音楽ができるようにしっかりと横についてサポートしますよ!心配しないで!間違えたって平気!最初は誰でも初心者です。一緒に楽しみながら練習しましょう!

 
横浜パーカッション 山北1   横浜ドラム講師 山北 写真2   横浜ドラム講師 山北3